獣害対策セミナー

趣味の話(自然農)

ボスの田んぼで獣害対策セミナーがあるということで、急遽参加することになりました。大学の先生の実践と座学のまる1日かけてのセミナーでした。

畑を始めたばかりの私は、楽しく野菜を育てて美味しくいただこう!というのりでした。まさか獣害対策セミナーを受けることになるとは思っていませんでした(^_^;)
みなさん、ほんまもんの方々ばかりです。

先生は教え方が大変上手で、何にも知らない私もついつい話に引き込まれてしましました。対策方法は動物によって違うのです。シカさんはジャンプしますから、高さが1.8m以上必要です。サルさんはネットを登るので、電柵が必要になってきます。田んぼの場所によっても対策方法が違うのです。川が流れているところ、段差があるところ、地面の硬さなどなど、、、

先生は、⑴「本気」で対策してください。1個所くらいと気を抜かないでください。⑵動物の気持ちになって対策してください。自分がシカだったらどうやって中にないるか考えてください。⑶管理・補修を怠らないでください。出来てしまって終わりではなく、計画を立てて見直してください。先生の実践セミナー後の帰り道、まわりの田んぼをみてみると、先生がおっしゃるなんちゃって対策が多いこと。穴があいたまま、緩んだままのネット、片側だけの対策などなど、、、

材料単価から対策費の見積り額の出し方を教わりました。私が想像していた倍以上の対策費が必要という結果でした。対策するなら「本気」でということも納得です。

相手の気持ちになって、本気で対策をし、その後の見直しが重要とのこと。なんだか私の仕事にも通じるなと感じるそんなお話でした。

タイトルとURLをコピーしました